カウンター塗り替え

我が家のキッチンカウンター、水分がしみこんであちこちくろずみが目立つようになってきていました。
新築当時から、アーチ部分の濃い色と、明るめの色とが全く合っていなかった事もあって、塗り替えを決意。

まずはサンダー!
張り切って、電動サンダーをかけたら、30cm四方もかけないところで、妙な音がして、プラスティック片がちらばりまして。

電源を切ってみると、どうも中の部品が飛び散ってるみたいです。
やっぱり安物のサンダーは・・・。

仕方なくサンドペーパーで地道にやすりがけしまして。

水性ステインのウォルナット色を塗りまして。

仕上げは油性のジェルカラーニス(これもウォルナット)で。

つるっつるになりました。

e0127954_1442995.jpg


e0127954_14425117.jpg


アーチより、濃い色になってしまったけど自分ちだからOK!!・・・・着色ってむずかしい。。
[PR]
# by sablejkona | 2012-07-21 14:46 | 手作り

100均リメイク!

ながーいこと降りてこなかった「神」サマが、来ましたよ~~。

っていうほどたいしたことはないのですが・・。

100均(セリア)で購入した、プラスティックの額縁。

プラだけれど、モールディングの模様がなかなかよろし。

大昔使っていたトールペイント用のアクリル絵の具を使って、ちょっくら遊んでみました。

ダークナイト、メンドシノ、ゴールドの順で塗ってみます。(ネットでいろいろ捜したら、黒→赤→金でアンティークっぽく仕上がるそう)

e0127954_11342375.jpg


      下の新聞紙がローカルでしょ。
      うちには英字新聞なんぞカッコいいものはありませぬゆえ・・。
      これからペイントします。
e0127954_11245779.jpg

      ダークナイトの上に、メンドシノを重ねます。
e0127954_11251752.jpg

      最後にゴールドをぺたぺた。
e0127954_11252822.jpg

娘からもらったアンティークの領収書(?)を入れてみました。

ブロンズのような感じに仕上がりました!!100円には見えない~~。ひとりほくそえんでおります・・。
[PR]
# by sablejkona | 2012-05-31 11:43 | 手作り

リーガル・ハイ

堺雅人、最高!!

テンポがよくて、一時間あっという間でした。

最後の元被告の台詞、怖すぎ・・・。

疑わしきは罰せず、とはこういうことなのかと妙に納得させられたシーンでありました。

来週が楽しみ!!
e0127954_16443559.jpg


画像は日之影町中川のチューリップ祭りです。

槇峰~鹿川ルートを通ったので、途中インディージョーンズのテーマ曲を思わず口にした(!!)くらいでした。
手堀り?と思えるようなトンネルをくぐって進む!!
鹿の群れが目の前を横切ってく!!

ありえね~~~。

e0127954_16512822.jpg


春りんどうがあっちこっち咲いてました。
[PR]
# by sablejkona | 2012-04-18 16:52

ひるおび!の牧島、でてこいや~~。

ひるおび!で年金の問題とりあげてたけど、「なんかむかつく!」のが正直な気持ち。。

牧島博子とかいう女性が、えらそーに3号被保険者は、保険料を一円も払っていないような言い方をしてた。

東国原氏が、それは違うと思いますが、と言って、あとでちょっと勉強しなおします、と撤回してたけど、

東さんが正しいのです!

全国ネットで大嘘こくな!!


企業全体で3号分も支払いしてるし。(ネットで調べました!)

なんで、専業主婦の旦那(会社員)が支払ってる保険料をはっきり表示しないのか疑問。(不都合でもあるのか?)

ちゃんと比べてほしい。

これじゃ専業主婦=年金泥棒って言ってるのと同じ。

専業主婦やめて働け!ってか。

地方じゃ、仕事はありません。若い人ですら就職困難なのに、オバサンたちまで求職始めたら、どうなるんだろう・・。

家庭と家計を守って、質素にがんばってる専業主婦はほんと肩身が狭くて仕方ありません!

私の仕事を否定するんじゃねえっ!!!
[PR]
# by sablejkona | 2012-02-23 13:37 | その他

片付け進行中!

こんまりさんの本、「人生がときめく片づけの魔法」を生協で購入。(書店よりほんの少し安価)
読んだら、まさに目からウロコ!!

前から思っていた、「衣替え」しなくていい状態があっというまに完成。
着ない洋服を、まだ着るかも、って押入れと箪笥を行き来するだけだった状態から完全脱却しました。

まあ、もともとの服の量が少ないので、出たごみぶくろも片手で数えられるほどだったけど・・。

大昔の、ペイトンプレイスの水玉ワンピースもとうとう手離しました。(どう考えてもこの年齢で着られる代物ではないって。分かっちゃいるけど捨てられなかったんだよね)

面白いのは、捨ててはいない旦那の服も、たたみかたをこんまり流に変えただけで、季節外のも、箪笥に入っちゃったこと!

書籍も、半分くらい減らせた気がする。
いちばんやっかいだった、雑誌のスクラップも、本当にときめくものだけにできた。→あとは旦那の本だが、これがやっかい。「がばいばあちゃん」が3冊あったりする。


いままでいろんな収納本を読んでも解決できなかったのが、この一冊でできるとは。
中身はほんとに文章だけです!
[PR]
# by sablejkona | 2012-02-21 19:57 | その他